生きる為の「Money(お金)」「Mind(マインド)」「Life(生き方)」「Study(勉強関連)」が学べる柔整サイト

柔整ガイド.net

仕事・現場の話

雇われ柔整師は院のお金の流れを把握することは急務。なぜ給料は上がらないのかを考える

更新日:

 

どもっ!柔整師でブロガーのAkira(@10sei_guide)だよ!

 

雇われている柔整師に多い問題がお金の流れを把握していないこと。これは別に整骨院や接骨院に限った事じゃなくて、全ての雇われ柔整師は把握すべき。

そのままそこにいていいのか?実は知らず知らずのうちに泥沼の中にいるかも。

なぜ柔整師がお金の流れを把握すべきかについて、是非参考にしてほしい。

スポンサーリンク

 

 

お金の流れを知っている?

意外と自分の勤めている整骨院やクリニックのお金の流れを知らない人っている。

始めに断言するけど、雇われならお金の流れは知っておくべき。

なぜ知っておくべきなのか?

むしろ管理人からは言わせれば

なぜ知らないでいるの?

自分が勤めている所がどうやってお金を回しているか気にならない?

  • 毎月入ってくるお金はいくらで、出ていくお金はいくらか?
  • 売り上げの何%が院にプールされているか?
  • なぜ給料が上がらないのか?
  • 院長はいくらもらっているのか?

お金の流れを把握することで色々な事が見えてくる。

 

お金の流れを知るメリット

お金の流れを知るメリットはかなりデカイ。上のポイントを例に出して解説していこう。

スポンサーリンク

毎月入ってくるお金はいくらで、出ていくお金はいくらか

これは純粋に院の経営状況を知ることができる。

うちの院は将来的に大丈夫か?ここ半年赤字が続いていないか?

もし明らかに赤なら給料の支払いが滞る前に辞めたい方がいい。ただ働きはダメ、絶対。

そしてむしろ辞めた方が、お互いの為だったりする。人件費減るからね。

高待遇・好条件の職場へ最速で転職したい柔整師へ3つのアドバイスを送る

 

何%が院にプールされているか

これも運営状況を把握するのに大切なこと。

整骨院の場合、物療機器が高価なので常にお金はストックする必要がある。破損する可能性はあるし、物件が賃貸の場合は更新費もあるからね。

この辺りのお金の考え方は今の職場ってよりも将来的な考えになる。

常にどのぐらい固定費があって、どのぐらい臨時の支出があるかの把握は大切。

 

なぜ給料が上がらないのか

お金の出入れが把握できれば、院に残っている金額を把握する事ができる。

院に余裕がなくて、院長もそんなにもらってなければ給料が上がらないのも無理はないよね。

逆に計算した結果、半年以上収支もよくて、院長も多くもらっているようなら、辞める事も考えていいかも。

ちなみに雇われは給料の3倍稼がなくてはいけないらしい。

 

院長はいくらもらっているのか

法人は別だけど、個人の場合の給料は完全に院長に依存しなくていはいけない。

お金の出入りを把握し、運営管理費などの経費を引いた上でまだまだ余りがあるのを知った場合、ちょっと不信感が出てくる。給料が全然上がってなくて、ボーナスが無ければ尚更。

お互いお金以外の関係も大切だけど、雇い雇われの関係はお金も大事。

もちろん貢献度も大切だけどね。

 

ちなみに手っ取り早く給料を上げたいなら、ジョブノートがおすすめ。

柔整師ならお祝い金が50,000円も出るっていうから驚き・・・管理人も登録済みってのは内緒。

柔整師・鍼灸師の求人転職サイト「ジョブノート」に登録・取材して分かった6つメリットとは?

 

整骨院、接骨院のお金の流れを知る方法 支出

ぶっちゃけ整骨院や接骨院のお金の出入りなんて決まっている。計算も簡単だろう。

まずは具体的にどんなことにお金がかかっているか確認すること。

支出の方は結構簡単にわかると思う。以下を参考にメモして計算してほしい。

スポンサーリンク

固定費

家賃、光熱費、人件費、リース返済、宣伝広告費

この辺りが固定費だろう。もちろん家賃とかリースは掛からないところもあるけどね。

一応更新費も固定費として扱うとわかりやすいね。

変動費

保険を使っているなら、請求時の団体への手数料。

残業代はうちらの業界じゃないようなものだから気にしなくてもいいね。

 

整骨院、接骨院のお金の流れを知る方法 収入

収入について院長によってはアンタッチャブルなところもあるかもしれない。

でも自費なら隠せないから計算しやすいし、保険請求があるならレセコンを見れば簡単にわかる。

なんなら直接聞いてもいいだろう。

「将来の勉強がしたいんで」

何なら盗み見るぐらいの気持ちがなければダメ。

と言うか公開しない院長、オーナーはなんなんだ?っていうね。はっきりいって教えられないところで勤めるのはオススメできない。どんなやましいことがあるんだっていうね。

辞めた方が無難かも。

 

まとめ

あとは収入から支出を引いて計算すれば余剰金がわかる。

そのお金がどこにいくのか。還元はされるのか。還元されなくてもプラスはあるのか。

 

お金の流れを知ることは自分にとってかなりプラスになる。何よりもお金に対して敏感になれるから。これは悪い意味じゃなくてね。

院のお金の流れを知るのとはプラスは合ってもマイナスはないんだよね。っていうか知らないことがマイナス。

雇われ柔整師だからってお金に対してノホホンとしていいわけじゃない。

わからない、教えてくれないじゃなくてもっと知る努力をすること。まずはそこから。

知らない人は明日から知る努力をしよう。

 

おまけ 手っ取り早く給料を上げる方法

もう面倒くさいから手っ取り早く給料を上げたいなら、転職をおすすめする。

同じ仕事条件で、給料が上がることなんでザラ。

管理人がまとめた記事でチェックしてほしい。

柔道整復師・鍼灸師の求人サイト13社の比較・まとめ!おすすめや転職のポイントとは

柔整師・鍼灸師の求人転職サイト「ジョブノート」に登録・取材して分かった6つメリットとは?

私生活・業界の話・秘密な話はこちら

柔整ガイドは公式のLINE@があります。更新状況やお金の話、ブログでは書けない話なんかもあるかも?

↓LINE@はこちらから↓

友だち追加

あなたにおすすめの記事

1

柔道整復師、鍼灸師の求人転職サイトを13サイト比較してまとめてみた。全てのサイトを見て思った選ぶべき会社、選んではいけない会社とは?またおすすめは?

2

ここでは柔整ガイドに来たならみてほしい記事一覧になる。 新しい記事がアップされるたびに入れ替えを行っているので、どんどんオススメがバージョンアップされる。 柔整師の悩みで多いものから柔整師の人生にとっ ...

-仕事・現場の話

Copyright© 柔整ガイド.net , 2019 All Rights Reserved.