生きる為の「Money(お金)」「Mind(マインド)」「Life(生き方)」「Study(勉強関連)」が学べる柔整サイト

柔整ガイド.net

仕事・現場の話

【売り上げは簡単に上げられる】スタッフは売上を上げることを考えろと言う院長はアホだねって話

更新日:

 

どもっ!柔整師でブロガーのAkira(@10sei_guide)だよ!

 

まずはアホとか言ってごめんなさい。でも本心であるのも事実。

間違いなく巷にいる、売上を上げろ系院長さん、売上を上げるって具体的に何?

まずはそこから考えようか。

もちろん院のスタイルにもよると思うけど、参考にはなるばす。

※今回の記事は僕の環境とは全く関係ありせんので、あしからず。

スポンサーリンク

 

売上を上げるって何かを考えるべき

売上ってどうやって上げるかというと、いくつか選択肢はあるよね。これは柔整師に限らずなんでもそう。

  • 単価を上げる
  • 回転を上げる
  • 経費を下げる
  • 業務時間を伸ばす

今までの環境に対して、上のどれかを行うだけで売上って上がるよね?つまりゴールは簡単に設定できるわけだ。あとは実行するだけ。

でもゴールが設定できるのにそれをスタッフに投げるってどう?

それぞれの項目を詳しくみていく前に、スタッフの定義と言うか仕事の範囲も理解する必要もある。

 

どこまでをスタッフにやらせるか?

どこまでをスタッフにやらせるかと言うのは=どこまでの権限を与えるかと言うこと。

  • 単価を決めさせる
  • スタッフの数を決めさせる
  • 仕入れはもちろん給料まで決めさせる

これらを考えて決めないと経営者はスタッフがどうのこうのって言えない。

それでは具体的に売り上げを上げる方法をみていこう。

 

「単価を上げる」について

単価を上げるって事は簡単にはできない。

患者が多くてスタッフの負担を減らすために上げるなどはいいけど、意味のない単価向上って難しい。

アック
じゃあ明日から1000円値上げね〜

って言ってホイホイできる?

またはあなたならホイホイ上がるところに行きたい?

単価の調節は短時間で出来る程簡単ではない。

 

「回転を上げる」について

回転を上げるってことは、そもそも上げるために人を集める必要がある。集客だね。

人が来ないのに回転をあげるなら営業時間を減らすかスタッフを減らすことになる。

つまり回転を上げるってことは基本的に集客が出来た上で行うもので、どっちにしても回転を上げるってことはスタッフはかなり大変になる。

必要な対応数が増えるからね。お会計、ベッドメイク、会話。

 

「経費を下げる」について

経費を下げるってことは割りと現実的。

今まで使っているテーピングや材料代を見直すのも経費を下げることに繋がる。

他にもUSENやパソコンの通信費、今なら電気料金やらを見直すのも経費を考える上で大切なことになる。

あとは人件費も経費だよね…

 

「営業時間を伸ばす」について

これはかなり単純。

営業時間が伸びて給料が変わらなければ余程のことがない限り、売上は上がる。

でもこれってある種、最終手段

営業時間を伸ばすだけならそこまで戦術はいらないから、考えないでもできる。

逆にこれを最初の選択肢にするのはどうかな…と思う。

 

それでは次に具体的に売上を上げたい経営者の問題点について書いていく。

 

売上を上げさせたい経営者が問題である理由

売上を上げたい経営者か問題である理由はいくつかある。

それぞれみていこう。

スポンサーリンク

①そもそも自分が勉強した方が売上は上がりやすい

そのままなんだけど、売上を上げたいなら、スタッフのケツを叩くよりも上の立場の人がマーケティングを学んでそれを下ろした方が遥かに効率的

手っ取り早いでしょ?

 

②能力のなさを露呈

①をやらない・できない・頭にないって事は自分で上げられないっていうのを露呈しているってことになる。

何で自分が勉強しないのにスタッフにやらせようとするの?って話。もちろんこれには権限の話がついてくる。

権限を与えていれば別だよね。

 

経営者がやるべき経営のこと

高圧的な態度ではだめ。上の立場はいかにパフォーマンスを高めてもらうかを考えるべき。

時代は違うし、意外と能力は高い子は少なくないんだよね。

売上を上げるにはシステムの構築か不可欠。ただ頑張るは経営ではない

 

ただ確かに上の立場の言う人のこともわかる。

給料の3倍を稼ぐ必要があると言われている。雑費、光熱費、

売上を上げろ!について、どういった意図があるかはわからない。

例えば純粋な、本当に純粋な気持ちで将来開業するための練習をさせているのだったら、問題ない。むしろ歓迎すべき。

ただ多くの場合、そういった意図を持って話してくれる人は一部だと思っている。

 

ますはスタッフに権限を与えるべき

もしスタッフに「売り上げをあげろ」と言うなら、最初はなんでもいいから権限を与えてみる。

「今月からこの仕事は○○先生がやってみて。もちろん手当も少し出すから。」

など、まずは権限を上げないことにはどうしようもない。

全縛りで売上を上げるなんてメチャクチャハードルか高いからね。

経営者はどの程度までスタッフに権限を与えるか・与えているかを考えるべき。

そして単純に売上を上げるならスタッフにどうこう言うよりも、経営者がしっかり経営を学んだ方が早い

これらを踏まえた上で、スタッフに売上を上げろっていう経営者はアホだなぁ。ってつくづく思う。

スポンサーリンク

一緒に読みたい

柔道整復師やセラピストが読むべきマーケティング・集客能力を高める参考書

【知らぬは罪】今回は柔道整復師をはじめとするセラピストが読むべきマーケティングや集客の参考書をまとめてみた。管理人が持っているものを紹介しているので、マーケティング?集客?はぁ?って人はとりあえずチェックした方がいいだろう。おすすめのページや章も具体的に公開中。

続きを見る

マーケティングの参考書
【定期更新】マーケティングやビジネスの参考書を送料のみで購入する方法+α

整骨院や接骨院でもマーケティングの勉強は必要な時代になっている。どんどん潰れていく中、隣にある多院との差別化は必要不可欠。今回は安価だけどためになるマーケティングの参考書の紹介になる。送料のみで本体価格無料のおすすめの本を定期的に紹介。

続きを見る

柔整師も整骨院というブラック企業に勤めている事実と修行から抜け出す6つの方法

整骨院・接骨院って客観的に見るブラック。業務時間は長いし、業務外時間も長い。休みも少なくて先生は怖い・・・これってかなり現実的な問題。そんな中あなたがどうにかしたい・辛いと思っているならこの記事が助けになるはず。

続きを見る

フロントエンドとバックエンドとは?整骨院、接骨院でも必ず用意する必要性

経営が厳しい多くの整骨院や治療院に共通するのが「バックエンド」の不在。 実はこれは他の個人事業主にも当てはまる。美容院とかね。 今回は整骨院や接骨院をはじめとする治療院のバックエンドについて書いていこ ...

続きを見る

私生活・業界の話・秘密な話はこちら

柔整ガイドは公式のLINE@があります。更新状況やお金の話、ブログでは書けない話なんかもあるかも?

↓LINE@はこちらから↓

友だち追加

あなたにおすすめの記事

1

柔道整復師、鍼灸師の求人転職サイトを13サイト比較してまとめてみた。全てのサイトを見て思った選ぶべき会社、選んではいけない会社とは?またおすすめは?

2

ここでは柔整ガイドに来たならみてほしい記事一覧になる。 新しい記事がアップされるたびに入れ替えを行っているので、どんどんオススメがバージョンアップされる。 柔整師の悩みで多いものから柔整師の人生にとっ ...

-仕事・現場の話

Copyright© 柔整ガイド.net , 2019 All Rights Reserved.