生きる為の「Money(お金)」「Mind(マインド)」「Life(生き方)」「Study(勉強関連)」が学べる柔整サイト

柔整ガイド.net

仕事・現場の話

柔整師や鍼灸師で給料が安いと悩んでいる人へ給料を上げる為の選択肢を提案する

更新日:

 

どもっ!柔整師でブロガーのAkira(@10sei_guide)だよ!

 

賃金に対して多くを望むのは一般的な事で、これに関しては柔整師や鍼灸師にも当てはまる。

ただ柔整師や鍼灸師は勤務していたらはっきり言って頭打ちに合うのは必須。しかもかなり低いところでね。

そこで今回は「給料が安くて悩んでいる柔整師・鍼灸師」へ改善方法を具体的にアドバイスしようと思う。

どの選択肢を摂るかは君次第。

スポンサーリンク

 

 

お断り

最初に断っておくけど、行動しない人が年収を劇的に上げることは不可能

上がったとしてもせいぜい数千円。

それこそ1000円とか2000円の昇給で将来の不安を抱えながら漠然と生きていたり、「やりたいんだけどな~。」とか思っているだけでいつまでも行動しない人は申し訳ない。そのまま過ごしていてほしい。

結果、行動しない絶望を知ってから、遅れて行動して目を覚ますことになるだろう。

それだけ今の時代を生きるということは大変だわけだ。

ただ、逆に行動する人はいくらでも未来を切り開くことができる

「今の現状は結構やばい・・・」

そう思って動ける人はこれらを踏まえた上で記事を読み進めてほしい。

 

柔道整復師、鍼灸師の給料について

これは求人サイトを見てもらえばわかるけど、おおよそ決まっている。

あくまで勤務していたらの話になる。

20代前半 18~25万円

20代後半 23~28万円

30代   25~40万円

40代   30~40万円

こんな感じだろう。ちなみに結構甘く書いてある。

柔整って基本的に他の企業のように毎年一万円昇給するものではない。だから給料に差は出にくいわけだ。

ただ上のように給料に差は出てくる。

まずはなぜ差が出るのか理解しよう。

 

柔道整復師や鍼灸師の給料で差が出る理由

上にも書いたように我々の昇給ははっきり言って、雀の涙。期待するだけダメ。(というが期待してはだめ…)

でも年代によって給料に差が出るのも事実。

それはなぜかと言うとキャリアアップをしているに他ならない。

 

そもそも柔道整復師って同じ職場に何十年もいないよね。

学んだら転職→学んだら転職って人も多い。

そこで技術を求めて転職する人もいるけど、給料を求めて転職する人もいるわけだ。

ここで給料に差が生まれる。院長として責任者をやると単純に給料もあがるわけだしね。

これが20代後半から30代が今は多いので、上のように給料に差が出る。

では次に本題の給料が低くて悩んでいる人へ改善のアドバイスをしようと思う。

 

給料が低くて悩んでいる人へ2つのアドバイス

結構ありきたりな部分もあるけど、参考にしてほしい。

そもそも自分でどうにかするという考えをもつことが大切だ。

スポンサーリンク

柔整師が給料を上げる方法① 転職する

そもそも給料を目的にしているならさっさと転職しちゃえばいい。

これで解決。

まさか呑み屋とかで「給料安いからだるいわー。」とか文句を言いつつ楽だからずっと勤めているなんてことはないよね?

そんな暮らしじゃ給料は上がらないし、生活葉変わらない。

管理人がおすすめする高待遇の求人サイトを教えるから、そんな人はさっさと転職をおすすめする。

30万円以上の案件が多く、週休2日制で自分の時間を作れる求人はこちら

 

柔整師が給料を上げる方法② 他から収入を得る

これも現実的な対策対策。

こっちで複業について書いているからとりあえず確認したいひとはこっちを見てほしい。

柔整師・鍼灸師の複業14選!おすすめの複業と選ぶ際のポイントとは?

 

ここでも簡単にだけ紹介しておく。おすすめは下の4つ。

  • Web関係
  • 株・為替
  • 出張マッサージ
  • 物販

 

Web、株、為替は家でできるから返ってから勉強して取り組むことができる。

出張マッサージはグループに属するのか個人でやるかによるけど、顧客を掴めば本業にできる。

物販も家で出来るのもあるし、安定してできるようになれば月に数十万は稼げる。

つまりいずれにしても単発の低賃金で終わらせないようにする必要がある。

この当たりを意識して取り組むといいだろう。

Web収入がほしいなら自分のホームページやブログはあったほうがいい

ブログの始め方。サーバーとドメインの登録からWordPressインストールまで解説

 

柔整師が給料を上げる方法③ めちゃくちゃ頑張る

これについては説明は不要なはず。

取りあえず頑張る。これだけ。

だた下でも書いてあるけど頑張り=給料って方程式はあなたの思考であって、給料を出す人の思考ではないことに注意。

 

もっと具体的に考えてみる

例えば僕たちが同じ職場で月給プラス5000円を上乗せするのって結構厳しい。年収で言うとたかだか6万円なんだけどね。

それが例えば転職と言う選択肢を取ると一瞬で飛び越えることが出来る。

転職なら年収プラス30万円なんて普通だしね。中にはお祝い金で50,000円もらえるモンスター求人もあるから、それだけでほとんどクリアしたようなもの。

 

複業でも考えてみよう。

出張マッサージなら既存患者・クライアントに個人的に「営業時間外」で相談してみる。一件60分5000円とすると月に一回行えばクリアできる。

物販やWeb関係、株・為替は勉強が必要だけど、結果はついてきやすいと言える。

株なら優良株を見つける事だけに注視すればいいし、為替なら一日、中には一回の取引で5,000円は越える事ができる。

Webなら例えば僕みたいにのらりくらりやっても1年で年収6万をアップさせることなんてたやすい。

 

つまり単純に今の環境で年収を6万円上げるよりも、他の事にチャレンジして上げる方がはるかに簡単なわけだ。

これはまぎれもない事実と言える。

 

給料が安い人へのマインドへのアドバイス

最後にマインドのアドバイスをしようと思う。と言うか個人的にはこれをよく脳にインプットしてほしい。

僕も一応賃金は頂いているけど、そもそも賃金が安いと嘆くのは誰に対してだろうか?

多くの人はこれを勘違いしている。

問題は雇い主か?

確かに雇い主に問題があるケースもある。だったら辞めたらいい。簡単でいいね。

 

ただ本来多くの場合、賃金が安いと思って嘆く対象は自分だ。

何か不都合な事があれば人間は外ヘ答えを求めようとする。

 

『院長は評価してくれない。こんなに僕は頑張っているのに。』

もしかしたら頑張っていると思っているのは自分だけかもしれない。

その選択はある?

 

もう1つ。

『院長は評価してくれない。こんなに僕は頑張っているのに。』

で終わりにするのではなく、本当に頑張っているなら『こんなに頑張っているのに評価されないなら、やめちゃおう』とマインドを変える。

だってそうでしょ?

そこにいることで君へのメリットはある?

 

あくまで自分の人生の主役は他人の思考ではなく、自分の行動だ。

是非そういったマインドを持ってほしい。

と言うかそう思えなければ、今を変える最初の一歩は歩けない。

雇い主の思考を変えるのは難しいけど、自分がどうにかなろうという思考を変えるのは簡単

そして自分の思考は簡単に変えられるけど、相手の思考は他人が変える事は難しい。これは非常に現実的な問題。

だからまずは行動してみて。

 

あ、ちなみに技術と給料の両方をゲットするのは難しいからどっちかを求めた方がいいよ。

ただ個人的には給料をとって、休みでセミナーに行くって選択肢は上等だと思う。

自分の生活を変えて幸せに近づく方法。全ては等価交換の事実を受け入れて行動すること

 

30万以上の職場はこちら

30万円以上の求人をチェックして給料の悩みを解決する

こちらのサービスも優秀だね。

レポートがめちゃくちゃ読みやすくユーザーの事を考えている求人はこちら

スポンサーリンク

私生活・業界の話・秘密な話はこちら

柔整ガイドは公式のLINE@があります。更新状況やお金の話、ブログでは書けない話なんかもあるかも?

↓LINE@はこちらから↓

友だち追加

あなたにおすすめの記事

1

柔道整復師、鍼灸師の求人転職サイトを13サイト比較してまとめてみた。全てのサイトを見て思った選ぶべき会社、選んではいけない会社とは?またおすすめは?

2

ここでは柔整ガイドに来たならみてほしい記事一覧になる。 新しい記事がアップされるたびに入れ替えを行っているので、どんどんオススメがバージョンアップされる。 柔整師の悩みで多いものから柔整師の人生にとっ ...

-仕事・現場の話

Copyright© 柔整ガイド.net , 2019 All Rights Reserved.