生きる為の「Money(お金)」「Mind(マインド)」「Life(生き方)」「Study(勉強関連)」が学べる柔整サイト

柔整ガイド.net

仕事・現場の話

【2018/6】柔道整復師後療費の変更点。算定金額と急性・亜急性の文言が変わったよ

投稿日:

 

2018/4/23に柔道整復師の料金改定案が了承された。

変更点は大きく2点、料金改定急性・亜急性の文言について。

それぞれ簡単にみていこう。

 

柔道整復師療養費の改定内容

スポンサーリンク

療養費の改定は6/1から実施されるとのことなので、もう目の前に迫っている。

具体的な改定内容は

  • 再検料が320円→400円となる
  • 金属副子等の加算→単価が統一になり950円に。また2回まで副子交換が認められる
  • 骨折・脱臼の後療に柔道整復師運動後療料が増え、単価310円、週に1回、月に5回が目安となり算定が認められる

要件については調整がまだ必要となるとされている。

 

急性・亜急性について

柔道整復師療養費の最大のポイントは「急性・亜急性」という点であることは皆さんご存知のはず。

それが留意事項から外されることとなった。

かと言って慢性が対象になるはずは当然あり得なく、どうなるかというと「急性・亜急性」から「慢性に至っていないもの」となった。更に外傷の説明もある文言が追加された。

スポンサーリンク

「急性・亜急性」→「身体の組織の損傷の状態が慢性に至っていないもの」

外傷に対する文言の追加→「関節等の可動域を超えた捻れや外力によって身体の組織が損傷を受けた状態」

ちなみにこの外力は「急性外力」か「亜急性外力」かの記述はないので、いわゆる慢性ではない亜急性外力は療養費の範囲内と解釈も出来る。

 

おわりに

例えば外力一つにとっても結構曖昧だし、「関節等の可動域を越えた」という表現も曖昧。

例えば「関節等の可動域」にしてもこれは教科書上のROMを基準とはならないはず。なぜなら関節可動域は個人差がめちゃくちゃあるから。

つまり、関節可動域なんてその人によって全然違うんだし、定義すら難しいものとなる。まあ教科書上では教えてくれるけどね。

あくまでその人にとっての関節可動域と考えることができる。だからどの関節等の可動域かなんて現段階ではないだろう。

管理人
書いてあったらすみません。

 

このあたりの文言は昔から結構曖昧で、だからこそやってこれている。

まあ曖昧に関しては柔道整復師だけじゃなくて、多くのルール作りをする上で考えられているけどね。

 

今回の柔道整復師療養費改正と急性・亜急性の文言については以上となる。一応6/1からのようなのでレセコンやら気を付けよう!

取り急ぎの為間違いなどありましたら、コメントより教えて頂けると幸いです。

スポンサーリンク

私生活・業界の話・秘密な話はこちら

柔整ガイドは公式のLINE@があります。更新状況やお金の話、ブログでは書けない話なんかもあるかも?

↓LINE@はこちらから↓

友だち追加

あなたにおすすめの記事

1

柔道整復師、鍼灸師の求人転職サイトを13サイト比較してまとめてみた。全てのサイトを見て思った選ぶべき会社、選んではいけない会社とは?またおすすめは?

2

ここでは柔整ガイドに来たならみてほしい記事一覧になる。 新しい記事がアップされるたびに入れ替えを行っているので、どんどんオススメがバージョンアップされる。 柔整師の悩みで多いものから柔整師の人生にとっ ...

-仕事・現場の話

Copyright© 柔整ガイド.net , 2018 All Rights Reserved.